読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

「でも」「やっぱり」が、好きなだけ。

前回は、「世の中(社会)」と「自分」との【ズレ】について、
お伝えしたけれど、色んな【ズレ】があって。
 
たとえば、「現状」と「理想」との【ズレ】
 
「現状」に不満タラタラで、「理想」は高くあるけれど、
一向に近づく気配すらない。
 
「現状」に満足はしていないけど、行動を大きく変えてまで、
「理想」に近づきたいとは、本気で思ってないのが、
一番悶々とする。(意外?)
 
 
 
こんな時に、出るコトバ。
それは・・・
 
お金がないから
時間がないから
経験がないから
などなど・・・
 
まぁ、言い訳なんか、挙げようとすればダンプ1台や2台分くらい、
軽く出てくるわけですよ。
 
【ズレ】を感じたまま、その悶々とした状態を
好んでいる(?)ならば、いいんです。
 
 
でも
やっぱり
 
と言っていれば。
 
 
そう、言い続けることが、悪いわけでは、決してない。
ご自身、選択してしているんで。
 
 
でも
やっぱり
を。
 
癖と一緒で、「あ、また言っている」「あ、また選択している」と
気づいた時点で、修正をすれば良いけれど、修正せずに、
敢えて、また選択しているのならば。
 
 
だから、やれ!
と言っているのではなく、
 
やらない理由を挙げたり、やれない自分を、駄目だなぁとか思う必要も、
全くない。
 
自分のことを、駄目だなぁと思うくらいなら、
「でも」「やっぱり」が、好きなんだなぁ
くらいに思っていればいい。
 
 
少なくとも、自分を駄目だと感じるよりは、
マシだから。
 
こんな、ちょっとしたことの積み重ねだと思うんです。
自分の機嫌を取ることって。
 
 
で、そんなちょっとしたことを積み重ねて、
自分の機嫌をとっているうち、
 
でも
やっぱり
 
やってみよう!ってなるんです。
 
 
 
 
編集後記
 
マレーシアは、3週続けて祝日が。。。
 
僕自身はカレンダーとは全く関係ない生活だけれど、
子どもたちの学校休みが多すぎ!
 
 
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@