読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

不可能だと思っていることを、可能だと思えるようになるために。

僕がサポートをさせて頂いていることって、
クライアントの方々が、
 
「不可能だ!」と
思っていることを、如何に
 
「おぉぉ、可能だ!」
と心底、感じて頂き、実行して成果を上げる。
 
 
結局、これだけ。
これに尽きる。
 
 
たとえば、「書くこと」の重要性・メリット
については、これまで過去にも何度も
お伝えしてきているけれど、
 
実際に「書くこと」で、食っていくなんて、
ごく一部のメリットでしかない。
 
 
ホントに、書くことで食っていける?
自分は書くことなんて、苦手だし。。。
 
と感じている方も、多いかもしれない。
 
「書くこと」については、少なくとも、
僕が、日々、お伝えしている内容を理解
頂けるだけの力があれば、
全く問題はない。
 
小説家のような表現力も、
人気ブロガーのような面白記事も、
実は、それほど重要ではない。
このあたりは、「とらわれ」「思い込み」に該当しますね。
このようなことを、ひとつひとつ、外していくことも、
「可能だ!」と実感していくためには、重要なポイント。
 
 
「書くこと」で食っていく
ことに実感を持てないのは、
部分で理解をしていたとしても、
その部分同士が、噛み合って、
全体像が出来上がるイメージが出来ていないだけ。
 
ブログを書く?
メルマガ?
SNS??
 
これらは、結局、部分の話でしかなく、
諸々をどのように組み合わせて、
得たい成果を上げていくか?
 
つまり、全体像が何よりも大事。
 
 
心臓
皮膚
などなど・・・
 
単体で、人間として成り立つのではなく、
各器官が合わさって、それぞれが機能する
ことで人間として生きているように。
 
さらに、人の脳は全体像があって、
部分を理解できるような仕組みになっている。
 
部分、部分を見せられても、全体が
みえてないと、何なのか?が理解できない。
 
 
 
 
だからこそ、全体像の把握が何よりも大事で、
そのための、大前提となるものが、
ゴール設定(行き先を決めること)に
なるわけです。
 
この設定したゴールについて如何に、
現実感を持つことが出来るか?
 
 
結局、色んなやり方があるにせよ、この現実感を
持つことが何よりの力になる。
 
正直、何をやっても、それなりの成果を
出すことは出来るんです。
 
たとえば、「お金を稼ぐ」なんて、
方法・情報はいくらでもあるので。
 
 
実際、どれをやってもいいと思うのです。
どれをやるか?ってそれほど重要ではなく、
それぞれ、やればやったなりに、成果は上げることが出来る。
 
ただ、多くの場合、
 
「自分にはやっぱり無理だ・・・」
「自分には、合わなかった・・・」
 
などなどの理由で、途中で止めちゃうんです。
 
 
止めちゃうのは、根性がないとか
全然、そーゆー話ではなく。
 
なぜ、やめちゃうか?というと、
ひとつは、現実感がないから。
 
この現実感って何か?というと、毎度お馴染みの、
「感情の先取り」なんです。
 
感情の先取り、現実感を持ってさえすれば、
何をやってもうまくいく。
 
だからこそ、何をやるか?というよりも、
まず、現実感・感情の先取りをしてしまう
 
この辺りが、きちっと整っちゃえば、
もう8割方うまくいったも同然なんです。
 
このあたりが、整っちゃった時に生み出すパワーは、
その辺のノウハウを実践した時によりも、
もっともっとインパクトが大きい。
 
 
逆に、この現実感・感情の先取りが出来ていない状態で、
いくらあれこれノウハウや知識を取り込んだところで、
 
 
やっぱり、現実感もなく、どこか他人事な感じで、
いつまでもフワフワしていて、リアリティが感じられることもなく、
あれこれ学ぶだけ学ぶけど、結局、目の前のことに集中できず、
いたずらに時間ばかりが、過ぎていく。。。
 
あれこれ、ジタバタしてみたものの、
いつもの日常に押し流されたままで
変わらない・・・
 
このようなことを、何度も繰り返してきてしまい、
どうしたら良いか・・・というご相談を
たくさん頂くわけです。
 
 
そうならないためにも、
 
不可能だと思っていることを、
如何に可能だ!と実感をして頂くか。
 
ここが何よりも大事になってくる。
 
 
で、「書くこと」に話を戻すと・・・
一部の方には、先日、お伝えしたクイズが
あります。
 
 
--ここから--
 
日本は、今後、人口縮小に伴って、
多くの市場も縮小傾向にある。
 
けれども、中には数は少ないけれど、
右肩上がりの市場がある。
 
ちなみに、この「書くこと」
と密接に関係している。
 
これも、単に「書くこと」それだけをみていては、
分からないことで、市場の動きなんかも
把握しておくと、その市場にうまく乗っけていって
しまえば、昇りエスカレーターに乗るかのごとく
スーッといくことが出来てしまう。
 
さて、この右肩上がりの市場とは、
どんな市場でしょうか?
 
--ここまで--
 
単に、「書くこと」単体でみるだけでなく、
このように、「市場性」も併せてみていくことで、
今取り組んでいること、これから取り組もうとしていること、
に可能性を感じることで、一歩一歩、進めていくことが
出来るようになるんです。
 
 
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@