世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

体験したことのない世界を、イメージするのは難しい?

感情の先取りをする時、
例に挙げたレストランくらいなら
イメージはつく。
 
食べることは、日常のことでもあるので、
イメージはしやすい。
 
 
でも、いざ、自分のゴールを考えたとき、
なかなかイメージが出来ない
感情の先取りなど、なおさら無理!
 
そのゴールが、自分が体験したことがないことで、
現状から遠ければ遠いほど、
 
どうしても、現実に引っ張られてしまう。
 
 
ゴールへ向かうのとは、真逆の力、たとえば
あなたが長年、蓄積してきて、育んできた、
 
強固な定義
強い思い込み
が邪魔をしていることが、とても多いから。
 
 
小さい頃から、無意識で
 
教師
世間一般の常識
 
などなど…の影響を受けてきたわけです。
 
まぁ、挙げたらキリがないわけです。
 
常識とは、偏見のコレクション
みたいな名言(?)が確かあったかと。
 
体験したことがないことを、イメージしようとすると・・・
 
でも
やっぱり
 
などが口をついて出てきたり、
頭の中の大半を占めたり・・・
 
そんなこと考えて意味あるの?
無理でしょ?
 
というものが、浮かんでくる。
浮遊霊のように。苦笑
 
結局、現実に押し戻される・・・
「やっぱり、自分はダメだ・・・」
と。
 
 
 
で、まずはゴール設定。
 
そこに至るに必要な、定義は何か?
 
逆に、そこに至るのを妨げる、邪魔するような、
矛盾する、定義、信念をあなたはもってないだろうか?
 
間違いなく、持っているわけです。
何らかの矛盾を抱えたものを。
 
それをどう解消していくか?
 
ちなみに、過去のトラウマを解消するとか、
そーゆー話では決してありません。
トラウマなどない!と思っていますので。
 
 
 
イメージができないのは、
単に想像力の問題であることもあるし、
ちょっとしたコツもある。
 
イメージするために、必要なのは、
頻度。
 
 
基本的には、現実に引っ張られるものなので、
いかにゴールの方へ意識を向ける頻度を持つか?
 
大体、忘れちゃうんですよ。
忘れちゃうくらいなら、その程度のこと・・・
とも言えるんですが、忘れちゃったら、
あなたに必要なことも、フィルターに
引っかかりにくくなってしまうわけで。
 
 
とはいえ・・・このあたりのことは、
理屈としては知っているし、分かった。
さらに、実践しているよ。
 
 
それでも・・・
 
 
でも
やっぱり
 
がどうしても、出てきて、現実に押し戻されてしまう方。
 
 
ここまで挙げてきたことは、ほとんどが
【思考】をベースにしている。
 
だったら、【思考】ではない部分を
活用していけばいいんです。
 
 
じゃあ、【思考】ではない部分とは何か?
ご興味がある方は、下記よりお知らせください。
 
 
お知らせ頂く際、現在、あなたを現状に押し戻そうとしている
「定義」や「思い込み」が何となくでも感じていたら、
それについて、教えてください。
 
 
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@