読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

軽い思い込みと、重い思い込みと。

あなたの思い込みは、良くも悪くもあなたに
作用する。
意識している、していない関わらず。
 
良い思い込みで、あなたに良いことを
もたらしているのはもちろん、問題ない。
そのまま、行けるところまで、思い込んでください。
存分に。
 
こちらは、軽い。
行動も、気分も。
スイスイ、フワフワいってしまう感じ。
 
 
逆に、良くない思い込みも、もちろんあって。
 
どんな思い込みか?というと、たとえばあなたの
動きを制限(足取りが重い感じ)したり、
気持ちを重くさせている思い込み。
 
やりたい気持ちがあっても、なかなか行動に移せなかったり、
やりたい気持ちがあっても、なぜか気持ちが重く感じたり。。。
 
いずれにせよ、【軽やかさ】がなく、重いんです。
 
このあたりって、知らず知らずのうちに、
あなたの長年蓄積した、思い込み。
*「やりたい気持ち」というのが、自分の価値観に
根ざしていないこともあるけれど、このあたりについては、
また別の機会で。
 
 
〜ねばならないと、勝手に思い込んでいる、
思い込みが、重く足かせとなっている。
 
 
もしかすると、あなた自身もこれまで何度か
 
「あぁぁ、何でこんな風に、思い込んでいたのか・・・」
 
と恥ずかしさ(苦笑)、未熟さに気づくこともあったかも
しれませんが、それと似た感覚ですよ。
 
 
 
思い込みってここまで書いてきたけれど、
言い換えると、定義付け。
 
人生は定義付けで決まると、常々いってる、あれです。
 
 
面白いもので、頭では全力で抵抗していたり、否定して
いたとしても、全く言動が伴っていないことって
よくあるんです。
 
 
セッション中、
○○について、〜と思い込んでいますよね?
と定義を指摘して、気づいて頂くことがしばしばある。
 
 
例を挙げると、たとえば
「働きたくない」苦笑
ってちょくちょく発信しているんで、
「私も、働きたくないんです・・・」
 
という相談をよく受ける。
 
でも、一方で
 
働かずに、お金って得られるものなんですか・・・
やっぱり、一生懸命やるのが人として・・・
 
と口から出てくる。
 
これこれ!
 
そっち(働かない)へ行きたいと思いつつ、
全力で否定しようとしているじゃないですか。
 
さらに、そのような方々にとっての「働く」って
こと自体、非常に非常に狭い、限定的な捉え方をしている
ことがとっても多いんです。
 
 
働かないといっても、何もしないで、
例えば念力(苦笑)で目の前にお金が
ボンって出るわけではもちろんないですよ。
 
何かしらは、するんです。
するんですけれど、
 
働かずに、お金って得られるものなんですか・・・
やっぱり、一生懸命やるのが人として・・・
 
というイメージの中での「働く」とは全く
ことなった「働く」にふと気づく時がくるんです。
 
もう、気になって気になってしようがない
そっちに行きたくて行きたくてしようがない
やりたくて、やりたくして仕方がない。
 
これらって、苦役(苦笑)に近い、
「働く」とは全くベクトルも質も
異なるもの。
 
 
やはり、そーゆーことに気づきやすい「内」の
状態があって、それが機嫌をとるってことなんです。
 
以前、土壌でたとえたように。
 
 
だからこそ、あなたを重くしている【思い込み】を
ひとつひとつ、取り除いていく。
 
軽くする方
へ。
 
これが、機嫌を取っていくことでもあり。
 
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@