読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

何か、問題が起きた時の、あなたの心の声はどんなことを発しているのか?

何か問題が起きた時に、あなたの心の声は、
どんなことを発しているのか?
 
その内容で、あなた自身の問題に対する
スタンスが分かる。
 
で、その問題に対するスタンスって、
自分で決めることが出来る。
 
 
結局、どんなにジタバタしようとも、
問題なんていくらでも起こる。
 
もっというと、どんなに経験値を積もうと、
どんなにスキルアップしようとも、
今後一切、問題が起きないということはありえない。
 
 
 
たとえば、
 
全くのゼロから、10万円稼いでも、相応の問題が。
1億円稼いでも、相応の問題が。
 
 
 
問題が起こるたびに、いちいち、
アタフタしていたら、機嫌が良くない。
 
これは、問題を問題と直視しないという意味ではなく。
 
 
問題といえば、問題なのだけれど、
大前提として、
 
困ったことは、起きない。
 
ので、問題に対する、定義付けをしてしまう。
自分の機嫌が良くなるように。
 
毎度、おなじみの(苦笑)
「人生は定義付けで決まる」
シリーズですね。
 
 
 
たとえば・・・
 
問題を解決する過程で、これまで考えもつかなかった
イデアを運んでくれる有り難いもの
 
問題を解決していく過程で、本来の自分に気づかせてくれるもの
 
問題に気づくことで、問題がある方向ではなく、
もっと別の方向に気づくことができて、
自分が進むべき方向性がより明確になるもの
 
とりあえず、問題が起こったら、
「よし!来たと喜ぶ」苦笑
 
 
いくらでも、自分の都合が良いように
定義付けをしていけばいいんです。
 
これを、大きい・小さい関わらず、問題が起こるたびに、
 
あぁ、またこんな問題が起きたよ・・・
どうしよう・・・
 
といちいち、アタフタしているのと、
さっき挙げたように、自分の機嫌が良くなるよう、
都合よく、定義をしてしまうのとでは、
どっちが良いか?
 
どんなにジタバタしようとも、問題は起こるのだから。
 
 
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践
 
 
★お知らせ★
 
オンラインお茶会(仮)
を随時開催しています。
 
お茶でも飲みながら、3〜5人の人数で、
お気軽な感じで、色々とお話が出来ればと。
*LINEのグループ通話を利用します
 
参加費は無料
 
ご参加希望の方・興味ある方は、下記よりお知らせください。
 
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@