読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

しっくりくる感を思い出すために。

【しっくりくる感】の話を続けます。
 
しっくりくる感は、何か新しいことを発見するというよりも、
「思い出す」という感覚の方が近い。(語感的に、しっくりくる)
 
間(ま)であったり、
リズム感であったり、
タイミングのとり方であったり、
日々の生活の仕方であったり、
ライフスタイルであったり、
物事に対する、捉え方であったり、
などなど・・・
 
これらは、間違いなく人それぞれ持っているもの。
 
 
このしっくり感は、思い出すものなので、前回もお伝えしたように、
本来の自分になる(近づく)ためのものでもある。
 
外界があなたに浸透するのではなく、
本来のあなたが外界に浸透していくイメージ。
 
 
 
思い出すということは、忘れてしまう理由がある。
忘れてしまう理由の多くは、外的要因がほとんど。
 
 
世間一般的な常識であったり、
「こうあるべき」という固定観念であったり、
色々とあるけれど。
 
これらが息苦しく感じるのは、本来の自分とは
程遠いものであるから。
 
この息苦しさの原因
【しっくりくる感】を忘れさせてしまっている原因
 
これらによって、あなた自身の【しっくりくる感】を
どんどん封じ込めてしまっている。
 
そんなことを、繰り返しているうちに、どんどん
あなた自身の【しっくりくる感】を忘れてしまう。
 
 
 
もちろん、本来の自分を押し殺して、周りに合わせて生きていく
というのだって、ひとつの生き方。
 
でも、息苦しさを感じるのは嫌だ、自分本来の生き方をしたい
のであれば、やはり【しっくりくる感】を思い出す他ない。
 
 
あなたの【しっくりくる感】は、世間一般的な常識とは、
かけ離れているかもしれないけど。
 
だから、どうしたというのだろうか?
 
 
 
 「しっくりくる感」がある生き方の実践
 
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@