読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

そろそろ、「出来ない」「自信がない」「やる気が出ない」をどうにかしたい人へ。

出来ない
自信がない
やる気が出ない
 
その一歩を踏み出すことが出来ない、
三大理由。
 
 
出来ないのは、そもそも、やってないから出来ない。
自信がないのも、そもそも、やってないから自信がつかない。
やる気がないのも、そもそも、何もはじめてないから。
 
と言ってしまっては、身も蓋もないのだけれど、苦笑
じゃあ、なぜ「やってなかったり」「何もはじめてなかったり」
してしまうのか?
 
 
ひとつの大きな理由として、
【全体像を把握】していないからだと思うんです。
 
この全体像の把握は、
 
地図で言えば、「現在地」と「目的地」だし、
本で言えば「目次」みたいなもの。
 
 
「現在地」と「目的地」がない地図では、
次にどっちへ行ったら良いか分からないのは当然だし、
目次がない本も同様。
*「目的地」とは、いつもお伝えしている「ゴール設定」
と同義。
 
 
これは、脳の構造上もそうなっているらしく、
全体像があって、各論に入らないと理解が出来ない
仕組みになっていて。
 
各論がどのように結びついて、どのように連動しているのか?
これを可能にするのが、全体像の把握なんです。
 
 
僕が提供している各種プログラムは、最初に
必ず全体像の把握からはじめている。
 
 
全体像があるからこそ、ある程度、進んで
あれ?ちょっと分からなくなってきた・・・
という場合でも、常にこの全体像を意識すれば
「今やること」が明確になり、迷うことが
なくなるからです。
 
 
全体像を把握するためにも、そもそも
どっちの方向へ進んでいくか?(ゴール設定)
がもちろん大事で、このどっちの方向へ進んでいくか?
がないと、全体像も把握しようがないです。
 
 
 
で、何をおいてもまずは、【全体像の把握】であって
決して、最初に何をするか?(方法論)というのは、
最初にこないわけです。
 
 
逆に、方法論から入ってしまうと。全体が見えてこなくて、
あっちこっちに意識が向いてしまって、
 
出来ない
自信がない
やる気が出ない
 
に陥ってしまう・・・という悪循環が生まれてしまうんです。