読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

じいちゃんからの遺言めいたコトバ?

これから大変な時代になる
 
僕が小学生くらいの頃から、
じいちゃんから聞かされたコトバ。
 
じいちゃんは、商売を成功させて、地元では結構
知られた存在だった。
 
そんなじいちゃんを、僕は心底、尊敬していて、
日本に帰国した時は、必ず墓参りに行っている。
 
 
で、冒頭のコトバ。
当時の僕は、もちろん、全く意味が分からなかった。
 
 
なぜ、小学生くらいの僕に、そんなことを言っているのか?
大変って、どうなるのか?
じゃあ、結局、何をしていけばいいのか?
 
 
じいちゃんは、ちょっとおっかない人(苦笑)だったので、
気の小さい僕は、特にあれこれ質問することなく、
「うん、うん」と話を聞いているだけだった。
 
 
ちょっとだけ(?)成長した僕は、何となく
分かってきたかもしれない。
もちろん、じいちゃんの真意は、今となっては確かめようがないけど。
 
 
 
年間3万人もの人が、自ら命を断ってしまう。
これは、確かに、僕らは大変な時代に
生きているのかもしれない。
 
ただ、言えることは、時代は移り変わって当然だし、
時代が移り変わるのと、同様に、自分の考え方や価値観
だって大きく変えていく必要があるのではないか。
 
時代が変わっているのに、これまでと同じような考え方
これまで通りの価値観では、生きにくさを感じてしまうこともあるだろう。
 
 
であれば、価値観や考え方をガラリと変える。
 
 
変えてしまうというより、もっと正確に言うと、
自分本来の価値観や考え方に戻る。
 
 
そんな感覚。
 
生きてるうちに、外部からの刺激で今の価値観や
考え方が形成されるだろうけれど、そんなことに
囚われることなどなく、生きていく。
 
 
住む場所
働き方
人との付き合い方
 
などなど。
 
当然と思えるようなことだって、一旦、「ホントか?」と
立ち止まって考えてみる。
 
本来の自分は、本当にそれを求めていることなのか?と。
 
 
大変な時代に生きるために必要なこと。
 
それは、柔軟性を持ち、自分本来の考え方・価値観に
立ち戻ることが必要なのではないか。
 
 
P.S.
最近、サボリ気味だけど、インスタもやってます。
https://www.instagram.com/shimapon88/
 
 
 
学生時代に浮いていた
会社で浮いている
振り返ってみると、学生時代に周りと話が全く合わなかった
今でも、もちろん会社で周りと話が全く合わない
 
そもそも、社会に全く馴染めていない・・・
 
そんな人と相性がメール講座(無料)です。
 
 
 
 
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@