世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

正しい、やり方なんてものは、そもそもない。すべては・・・

正しいやり方があって、それにそって
やれば間違いがない。
 
その考え方は、間違いです。
 
 
そもそも正しいやり方が、仮にあったとしても、
自分にそのやり方が合っているかどうか?
はまた別問題だから。
 
その自分に合ったやり方を見つけることだって、
「あれこれ試す」というプロセスは必ず経る必要がある。
 
 
だって、やる前に、実際に合うかどうかなんて、
誰にも分かるわけがない。
 
とりあえずやってみて、自分に合うか合わないか?
そして、成果をあげられるかどうか?がはじめてわかる。
 
 
 
だから、正しいやり方があるわけではなく、
「全てはテストである」という事実だけ。
 
このテストというは、試すという意味でのテストで
だからどんどん試せばいい。
 
学校のテストみたいに、間違ったら減点でという意味ではないので、
とりあえずあれこれやってみる。
 
つまり、「試すことに、失敗はない」
 
試さないこと、それ自体が失敗。
何かをしてうまくいかないことが失敗なのではなく、
何もしていないこと、そのものが失敗ともいえる。
 
 
あれこれやってみることにこそ、価値があるし、
あれこれやるからこそ、自分に合う、自分が成果を
あげられることが分かる。
 
 
とはいえ、何をどうやってテストをしていけば良いか?
そもそもテストといっても何から手を付けていけば良いか?
 
 
 
これは、とりあえず決める。
仮決めからはじめること。
 
学生時代に浮いていた
会社で浮いている
振り返ってみると、学生時代に周りと話が全く合わなかった
今でも、もちろん会社で周りと話が全く合わない
 
そもそも、社会に全く馴染めていない・・・
 
そんな人と相性が良いメルマガです。
 
 
 
 
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@