世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

大学アメフト指導者の年収は、なんと・・・

 
 
 
ここで注目して頂きたいのは、単にヘッドコーチの年収だけでなく、
なぜそれだけの年収をもらえるか?ということです。
 
これは当然のことですが、大学フットボール界で、
きちんと収益が上がる仕組みができあがっているから。
 
確固たるビジネスモデルがあって、
そこで得た収益を指導者の確保や
環境設備に注ぎ込む。
 
そうすることで、レベルも当然向上して、
さらに好循環が生まれる。
 
 
つまり、【そこ】にお金が流れているかどうか?
 
 
ビジネスをこれからはじめようとする方々の
傾向として、どうしても自分の想いばかりが
先行してしまって、イメージしている商品・サービス
なりに、お金を払おうとする人がいるかどうか?という
視点が抜け落ちがちだ。
 
「啓蒙」から入ってしまうと、ドツボにハマることになる。
 
まずは自身で成果を上げて、余裕が出来てから「啓蒙」活動を
するという流れが正解。
 
 
「お金を払おうとする人がいるかどうか?」のこの視点は、
何かしらビジネスをする上では非常に大事なこと。
これなくしてビジネスをしようとするから、一生懸命にやっても
お金を払ってくれる人が全くいなかったり、数が少なかったりで
お金にならない。
 
だからこそ、リサーチがとても重要で、このリサーチさえしっかりと
出来ていれば、それほどはずすことはない。
 
 

こちら

 

■LINE@