世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

成果が何も出ない期間、何を考えて、どう過ごすか?

基本的に、やったことがそのまま成果として
現れてくるわけではなく、やってもやっても
なかなか成果は現れてこない期間が必ずある。
 
現れてこないのだけれど、何かのタイミングで
ボーンんと成果として現れる。
 
 
もう、異次元・別世界。
パーッと視界がひらけるような感覚。
 
 
やればやっただけ成果が出る、グラフで言うと
比例のようなものでは決してない。
 
 
 
スポーツや語学などこれまで何かしら
取り組んできたことがあると思うけれど、
全部、そのような感覚。
 
この「成果は遅れて出て来る」という感覚を
持っておくことはとても大事だと思うのです。
 
やってもやっても成果が出なかったら、
普通、くじけるじゃないですか。苦笑
 
 
で、大事なのは成果が出ない期間、
どれだけ淡々とこなせるか?
 
 
だからこそ、【継続できることを継続する】
ことをオススメしていて、同時にそれがきちんと
得たいに成果に繋がることかどうか?
 
 
このあたりの確信が持てないと、そもそも
「これやってても、成果に本当につながるのだろうか・・・」
とやっていること自体、疑心暗鬼になってしまうと、
どうしても続ける意欲がなくなってしまう。
 
じゃあ、どうするか?というと・・・
 
既に、あなたが得たい成果を得ている人をみつけて、
その成果そのものだけでなく、日々、何をしているか?
それを観察する。もしくは、直接聞く。
 
 
 
こうすることで、日々やっていくことが、
成果に結びつくんだという確信が持つことができ、
淡々と、日々取り組むことができるようになるので、
精神衛生上も良い。
 
 
生きたいように生きる。じゃあ、あなたの「生きたいように」とは?
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@