世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

「学び」という名の先延ばし

学ぶこと自体を否定する訳ではもちろんないけれど、
その学んだことを活かすことを考えずに、
学ぶことそのものを目的にしてしまう。
 
 
学ぶことに逃げるというと、言い過ぎかもしれないけれど、
そもそも何のための学びなのか?
 
もちろん、知識欲を満たすということもあるかもしれないけれど、
知識そのものを増やすことばかりに時間もお金もかけすぎていても、
そこからの成果を、一体、いつから上げはじめるのか?
 
 
たとえば、ビジネスで言うと、どこかのタイミングで、
自分でお金を得るということをしなければならない
タイミングが必ず出て来る。
 
その際、給与しか得たことがない人にとっては、
拒否・拒絶の恐怖と戦う必要がある。
 
 
お金を請求したり、商品・サービスを提案したら、
断れるのではないか・・・
 
そんな拒否・拒絶の恐怖を感じるくらいなら、
学びをしている方が、何となくやっている感(苦笑)
もあるし、、、
 
これだと、結局、先延ばしをしているだけ。
 
じゃあ、どうすれば良いか?は結局、「慣れ」
と言えば、「慣れ」なのだけれど、
 
先に、「成果を上げること」をしていくというのもポイント。
 
そうすることで、「何を学ぶ必要があるのか?」ということだって、
分かるし、そうなると同じ学びでも深く学ぶことが出来るようになる。
 
 
 
P.S.
これから、野暮用でシンガポール
 
 
生きたいように生きるため
*音声プレゼント
 
 

■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

こちら