世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

エネルギーが有り余っているのに…

エネルギーが有り余っているのに、
どこにぶつけてよいか分からない。。。
 
この、どこにぶつけてよいか分からない、
状態ほど辛い状態はないのではないか。
 
裏を返すと、何かに没頭できるような状態が、
何よりも幸福感を感じるということにもなる。
 
 
今、やっていること(たとえば会社の仕事)も
単に惰性や食うためにやっているだけだったり、
今日も昨日と同じことの繰り返し。
特に変わり映えもしない毎日。
 
自分の力を出し切っている感じもしない。
 
でも、どこからともなく、うっ血したような
エネルギーは、確かに感じる。。。
 
 
自分が突き動かされることに従って、
動いてないと、どんどんこんな深みに
はまっていってしまう。
 
 
逆に、エネルギーのぶつける先が明確で、
没頭できる先があれば、ぶつければぶつけるほど
エネルギーが湧いてくる様な状態になる。
 
じゃあ、どうやってエネルギーをぶつける先を見つけていくか?
 
これは、まず感情を羅針盤として活用することを意識する。
どっちの方向へ進みたいのか?
 
感情を観察することで、方向を探っていく。
 
別に大がかかりなことでも、難しいことでもなく、
今、この瞬間から、自分の感情を観察して、
その感情に従って、意図的に「何か」を選択をする
 
これを意識する。
 
 
⇒ http://eepurl.com/b1bsfj
 
 
 

■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

こちら