世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

自由を求める人が、自分で自由を狭めてしまう?

行き先を「決める」から、そこへ行けるというのは、
とても当たり前のことだけれど、意外とこの「決める」
ことが難しいと感じる人も多い。
 
 
色々と理由はあると思うのだけれど、
「決める」ことで、自分の可能性を
狭めてしまうのではないか?
 
そんな、勝手な思い込み(?)を持っている方も、
少なからずいるようだ。
 
自由を獲得するために、何かをする。
その何かをするということが、自分を
制限してしまうのではないか?
 
と。
 
 
そもそも、「決めた」方向自体、
自分のワクワクに従って、「決めた」はず。
これが、大前提。
 
 
じゃあ、その「決めた」方向へ、とりあえず
進んでいけば良いわけで。
 
感覚的には、「決める」よりも「仮決め」というイメージ。
 
仮決めだから、とりあず進めてみて、「あれ?ちょっと違うな・・・」
と感じたら、さっさと軌道修正する。
 
「違うな・・・」と分かっただけでも、収穫があったわけで。
とりあえず、進めたからこそ、「違うな」という感覚を得る
事ができたので、進めていなかったら、単なる想像でしかなかったはず。
 
 
大事なのは、とりあえず「仮決め」であっても、進めてみる。
進めた時点で、また自分の感覚に従って、その時点で方向を修正していく。
 
 
 

■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

こちら