世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

正しいやり方があるのではなく、自分なりの在り方。

f:id:dai88:20160804094114j:plain

 

 
正しいやり方を求めるのは、
「間違いたくない」「最短距離でいきたい」
そんな感情かもしれない。
 
 
でも、正しいやり方ってのは、実は幻想でしかないと思ってて。
 
 
たとえば、試験のように、「コタエがひとつ」しかないような
ことを回答していくような場合には、正しいやり方ってのは
あるかもしれない。
 
制限時間内に、如何に「はやく・正確に」が求められるからだ。
 
 
でも、「在り方」なんて、コタエは人それぞれだし、
正しさなんてないし、はやく出す必要だってない。
 
 
自分がやりやすいようにやればいいし、
ひとりひとり力を出せるポイントなんて違って当たり前。
 
 
だからこそ、「やり方より、在り方」
 
 
やり方って人のやっている様をみて、
やれば良いのである意味では
そんなに難しいことはない。
 
 
でも、在り方は自分と向き合って、
自分でコタエを出していかなければ
ならないし、人によってはしんどい・・・
と感じるかもしれない。
 
しんどい・・・
 
にもいくつかパターンがあって、
 
・そもそも、自分と向き合うって何?
・自分なりのコタエって何?
・日々、自分と向き合っているつもりだけれど、
思考が堂々巡りしてしまって、何も進んでいる気がしない・・・
・そもそも、自分と向き合うことが怖い
・結局、自分には何ができるのか。
 
 
しんどい・・・
 
と感じている方は
 
 

■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

こちら