世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

気持ちが焦る→何も手に付かないの悪循環

頭でしなきゃいけないことは、分かっていても
体が動かない・・・
 
そんな
 
「しなきゃいけない」というのは、どうしても
気持ちが焦っている状態でもある。
 
なぜ、焦っているか?
 
それは、「不足」「不満」「不安」
足りていないことに視点があるから。
 
様々な、【不】に視点があるから、
余計に他の【不】にも目がいってしまい、
さらなる【不】を呼び込み、目の前でも
【不】を感じることが次々と起こり続ける。
 
だからこそ、気持ちがばかりが焦ってしまい、
何も手に付かないという悪循環に陥ってしまう。
 
 
どこかで、この悪循環を断ち切る必要がある。
 
 
断ち切るといっても、【不】を感じてはいけない
というわけではなく、一旦は【不】を感じる。
 
【不】を感じるのだけれど、感じた【不】の
捉え方を変えてみたり、【主体的に】自分の
機嫌が良くなることを選択する。
 
 
 
 
 

■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

こちら