読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

ゴールのないマラソンを走っている人の心境とは?

何をしたら良いか分からない
どの方向へ向かっていけば良いか分からない
 
 
この方々に共通しているのは、
結局、行き先(ゴール)が決まっていないだけ。
 
 
ポイントは、「決める」こと。
 
 
誰が?
もちろん、あなた。
 
 
行き先が決まるから、そこに行くことが出来る
という、「北海道理論」
 
まぁ、当たり前といえば超当たり前の話。
 
 
 
これは、マラソンだってそう。
 
42.195キロだったり、10キロだったりと
ゴールがあるから、走ろうと思う。
 
「ゴールは決めてませが、とりあえず走ってください」
というマラソンに出る人いますか?苦笑
 
 
 
とりあえず、走ってはいるものの
 
「あぁ、これいつまで走るんだろう・・・」
「どこに向かっているんだ、自分」
「本当に、これでいいんだろうか?」
 
 
 
ゴールを決めずに、とりあえず走らされているようにみえて、
走らされている状態をつくりだしているのは、誰でもない、
結局、自分。
 
 
ゴールを決めていないマラソンに
参加することを、自分で選択している。
 
 
 
だったら、ゴールを決めれば良いだけ。
「ゴールを、まず決める」という選択を、自分で。
 
 
ゴールが決まれば、
 
 
今、やることが明確になるし
やる気がなくなるってことだって、
ないし。(モチベーション不要)
迷いだってなくなる
 
 
 
 

■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

こちら