読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

頭のなかの円グラフ。

クライアントの方と話している中で
よく出るキーワードのひとつ。
 
頭の中の円グラフ
 
 
文字通り、あなたの頭の中はどんなコトで
占められているのか?
 
 
なぜ、知る必要があるのか?
 
 
まず、何が問題で、その問題は本当に
解決する必要がある問題か?
 
を分別するため。
 
 
それと、もう一つ。
 
あなたの頭の大部分を占めているであろうことを、
あなたが提供者側として何かできないか?という視点。
 
 
あなたの頭の中で占めていることは、
あなた自身で普段、
 
・どんなコトバがグルグルとまわっているのか?
・何をどうしたいのか?
 
 
などなど、よく観察すれば、手にとるように分かるはず。
 
じゃあ、自分で頭の中でグルグルと巡っている問題・課題を
自分自身でどうするか?ではなく、同じようにグルグルしている
人たちに何らかの形で商品なりサービスなりで提供できないか?
 
を考えてみる。
 
 
だって、自分が一番、どんな商品やサービスだったら欲しいか?
って良く分かるでしょ。
 
 
 
 
で、このメリットは沢山あるのだけれど、
一番分かりやすいのは、対価を頂けること。
 
 
まぁ、これは当たり前といってしまえば、当たり前。
 
もう一つは、あなたの頭の中を占めていた問題が、
いつの間にか解決してしまうという点。
 
 
どういうことかというと、ベクトルが自分にしか
向いていないと、事例はもちろん自分だけ。
 
一方、自分が抱えている問題を、同じように困っている人、
もっとこうしたいという人向けにもやっていと、
どんどん同種のサンプルが増えてくる。
 
同種のサンプルが増えてくると、自分が抱えていた問題も
客観視できるようになってくる。
 
解決事例をいっぱい知ることができるので、自分にあった
解決事例をチョイスしていけば、当然のごとく解決!
 
 
これって、やらない理由がないと思いません?
 
もちろん、こんなことを30年前にやとうと思っても、
できない。
 
なぜならば、同じような問題を抱えている人を
見つける手段が当時はなかったから。
 
 
一方、今はどうか?
 
「こんな人と出会いたい!」と思えば、超カンタンに繋がる
ことができる。
 
「こんな人」さえ明確にしさえすれば。
 
 
「価値観」で繋がることも大事だけれど、
「問題」「課題」をベースに一緒に
解決していくコミュニティも良いと思わない?
 
「価値観」と、「問題」「課題」はかなりリンクしていて、
価値観が似ていれば、抱えている問題や課題もかなり似通ってくるけど。
 
 

■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

こちら