世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

「スキル」「能力」が無関係であるメカニズムについて。

僕は常々、
・「スキル」「能力」は一切無視して、
ゴール設定を!


ということをお伝えしている。


「スキル」「経験」に偏る弊害として、
どうしても「自分にない部分」にフォーカスしてしまう。

◯◯が足り「ない」から、スキルを身につけよう
など。

で、そのスキルを身につけるために、
時間とお金を注ぎ込む。


なぜ、「ない部分」にフォーカスしない方が
良いか?


それは、「既にある部分」つまり、

あなたの「強み」など、既に活かすには十分
であったとしても、それを活用することが
できなくなるから。


「ない部分」にフォーカスしてしまうと、
「既にある部分」に目がいかないし、
目がいかないということは、もちろん
活かすこともできない。


で、自分の「既にある部分」について
考えている人が、非常に少ない。


自分が、

何をやって
何をやらないか? *こっちが超重要


これらを決めていくにも、自分の「既にある部分」
をまず知ることが最優先であるにも関わらず。


「何をやらないか?」にも2種類あって、

・(よく考えると)実際にやらなくても良いこと
・やる必要があること

前者は、基本やらない。
後者はどうするか?

後者に関しは、出来る人をみつけてやってもらうなど
だって出来るはずだ。


じゃあ、自分の「既にある部分」は
どうやってみつけたら良いか?


ご興味がある方は、
下記よりご連絡ください。
 
 

■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

こちら