世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

「安心」「安定」した状態とは、どんな状態なのか?

「安心」
「安定」
 
ということを、【外部】に求める人が多い。
 
安心できる社会
安定した会社
 
などなど。
 
仮に今、そうだとしても誰がそんなことを保証できるのか?
また、身も蓋もない話ですよ。苦笑
 
 
求める気持ちも、もちろん分かる。
 
より「安心」
より「安定」
 
を求めるのは、人間本来が持っている生存本能
にも直結しているわけだし、必要なことだけれど。
 
 
 
あまりにも過剰に
 
不安
不安定
 
ばかりに焦点が行き過ぎるからこそ、
より「不安」や「不安定さ」を増幅させてしまう。
 
 
不安な気持ちに押しつぶされそうで、
何も行動できない・・・
 
という人も正に、「不安」に焦点が行き過ぎて
いるケースがほとんど。
 
 
そのためには、「不安」ではなく、「可能性」に
目を向けて、その可能性を追求していくしか
方法はないと思う。
 
 
ときには、不安な気持ちが、時には爆発的なアイデアや行動を
生み出すこともあるけれど。
 
 
 
で、究極はどんな状態にあろうとも、
「機嫌の良い状態をいかにキープできるか?」
 
人の機嫌を取っている場合ではないですよ。
如何に、自分の機嫌を取るか?
 
 
もうこれは、トレーニングと割り切るしかなく、
最初はうまくできないとしても、意識的に
「自分の機嫌」を取っているうちに、できるようになる。
 
 
ちょっとくらい、嫌なことがあったくらいで、
自分の機嫌を損ねない。
 
 
 
 
 
 

■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

こちら