読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

目先の情報に振り回されて、クタクタになるのを避けるには?

情報を得ることが簡単になった分、
情報に振り回されてクタクタになって
しまっている人を何人もみてきた。
 
 
何か得たい成果を得るために、情報が必要なのだけれど、
「情報を得ることそのもの」が目的になってしまって、
得たい成果に結びつかない・・・
 
こんな状況に陥っているので、さらなる情報を
追い求めるという悪循環。。。
 
こんな状況になってしまっているのは、
とても単純な理由。
 
 
それは・・・
 
矢印が、「外」に向いてしまっていて、全然「内」に
向いていないから。
 
 
矢印が「外」というのは、外部からの情報ばかりに
とらわれてあっちこっちに意識が飛んでしまっている
ようなイメージ。
 
一方、「内」に向くというのは、
 
・自分がどの方向へいきたいのか?
・必要なことは何なのか?
 
などのように自分自身と向き合うということ。
 
 
「外」ばかりに意識が向いているのは、
買い物リストを持たずに、フラフラと
買い物に出かけているようなもので、
家に帰ってきたら、全く必要のないもの
ばかりを買ってきた・・・
 
そんな状態。
 
 
本来、脳には自分が必要としている情報なのか
どうかを瞬時に判断する機能が備わっている。
 
書店などにいって、背表紙を眺めて、
手に取るかどうか?を判断するあれ。
 
手にするかどうかの基準があるから、
本当に必要な情報を発見することができる。
 
 
つまり、自分にとって本当に何が必要か?
「そんなリスト」があるから必要なモノ・コト
が得られるのであって、それがない状態で
フラフラしていても、得られるものは少ないというより、
逆に害にすらなる。
 
じゃ、自分の判断基準、矢印を「内」に向ける
 
・自分がどの方向へいきたいのか?
・必要なことは何なのか?
 
はどのようにしていけばよいか?
 
 
 
 
 
 

■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

こちら