読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

いつまで勉強を続けるのか?~実践の境界線

世の中には、勉強家はたくさんいる。
 
たくさんいるけれど、単に知的好奇心を満たす
だけで、勉強したものを活かそうとする人は
あまりいない。
 
 
もちろん、直接的に活かすことだけが
全てではないとも思う。
 
 
とはいえ、勉強そのものを目的とするだけでなく、
そこに「経験」が加わると、勉強そのものの質だって
変わる。
 
 
たとえていうならば、陸上で水泳のhow to本を
読んでいるのと、とりあえず水に飛び込んで
あれこれやってみて、足りない所は本とか、
YouTubeとかで学でみる。。。
 
 
どっちが、学びが大きいか?
 
 
「まだ、実践できる知識が足りていない」
という勝手な自己認識で、実践をしていないという
パターン。
*もちろん、知識と実践とがリンクしない
知識もあるけれど。
 
 
知識がとても得やすくなった分、
頭でっかちになりがちで、
実践を伴わずとも、何だか知った気に
なってしまう。。。
 
 
逆に、知識がとても得やすくなった分、
実践がより重視され、経験がモノを言う
ようになる。
 
超、当たり前のこと言ってますよ?
 
 
結局、成果を上げている人をみていると、
知識が沢山あったからとかよりも、
単に実践量がハンパないだけで、
その過程で、必要な知識もバンバンついて・・・
ということかと。
 
そのように、結果だけをみると、
「知識が必要だ!」となりがちだけれど、
実はそうではないよ?というお話でした。
 
*勉強が不要だ!と言っているわけでもないです。
もちろん。
 
 
 

■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

こちら