世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

「どんなことをしているのですか?」「どんな仕事をしているのですか?」に対する、僕の回答

「どんなことをしているのですか?」
「どんな仕事をしているのですか?」
 
ご質問を頂く中で、一番多い質問内容。
 
 
ということを伝えているくらいなので、
職種や業界では回答しきれないので、
僕はこのように回答している。
 
 
職種で言えるような仕事ではないですね。
どんなライフスタイルがしたいか?ということから、
「やること」を決めていっている感じです。

 

 
 
どうしても、多くの方にとって、
「仕事」や「働くこと」は
どこかの【会社】に属したり、
営業とか経理などの【職種】
ありきで考える。
 
もちろん、それはそれで悪いこと
ではないのだけれど、相手が用意した
枠組みの中で自分が進みたい方向に
合致するのか?
 
というそもそもの疑問がある。
*働いていて疲弊を感じるのは
このあたりに問題があるのかも・・・
 
 
【会社】や【職種】で選ぶのは、あくまで
ひとつの選び方でしかなく、そうではない
選び方だってある。
 
それが、「どう在りたいか?」から
仕事や働き方を選択していくという方法。
 
 
独りで淡々としたいのであれば、
そのような選択をすれば良いし
 
チームでしたいのであれば、
そのような選択をすれば良いし、
 
旅をしながらしたいのであれば、
そのような選択をすれば良いし、
 
世界中の色んな国の人としたいのであれば、
そのような選択をすれば良いし、
 
人に感動を与えたいのであれば、
そのような選択をすれば良いし、
 
 
人に勇気を与えたいのであれば、
そのような選択をすれば良いし、
 
 
人に夢を与えたいのであれば、
そのような選択をすれば良いし、
 
 
◯◯がしたいということが決まれば、
じゃあどうするか?ということが
自ずと決まってくる。
 
 
先の例でいうと、
「人に夢を与えたい」
ということを考えた場合、
たとえば、プロ野球選手でなくても、
実現する手段は他にもいくらでもある。
 
 
とはいえ、「どう在りたいか?」など
考えたことがない人にとって、雲をつかむ
ような質問かもしれない。
 
考えるきっかけが欲しいという方は、
こちらを。
 
 

■質問、感想など

こちら


■LINE

こちら