世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

劣悪な環境でも、なぜ植物は育つのか?~希望の哲学

スコットランド最北端にある
フィンドホーン・コミュニティは、
劣悪な環境にもかかわらず、
植物、果物、ハーブが育つことで知られて
いる。
 
そのコミュニティの創設者、
アイリーン・キャディは、
「期待の哲学」のおかげだと。
 
 
 
 
「必要なものは全て手に入ると期待しなさい。
全ての問題は解決できると期待しなさい。
あらゆるレベルにおいて豊かさを期待しなさい。
精神的に成長できることを期待しなさい。
あなたは人の法則ではなく、宇宙の法則に
従って生きているのである。
 
奇跡はすでに起きている。そのことに気づきさえすれば
いいのだ。自分はかつてないほど満たされていると
考えて、そのよに振る舞いなさい。そうすれば原動力
となり、あなたのしたことは形になるのである。」
 
アイリーン・キャディ
 
 
 

■質問、感想など

こちら


■LINE

こちら