世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

偏差値導入の意図とは?

僕のように、頭脳の問題(苦笑)で早々に、
偏差値の枠組みから下りざるを得ない人間から
言うようなことでもないけれど、これは、
僕の話しだけでなく、子どもたちの将来にも大きく関わること。
 
 
こっち(マレーシア)で教育を受けさせているのも、
【オカシナ意図】から距離を取るためでもある。
 
 
 
 
私はかつて、偏差値導入を主導した政治家から話を聞いたことがある。
 
ベトナム反戦・第2次反安保、学園民主化などで大学闘争が
活発化して東大安田講堂事件(1968~69年)が起きた後、
私が「日本はこのままいくと若い人たちが不満を募らせて、
クーデターを起こすのではないか」と懸念を示したところ、
その政治家は「大前さん、その心配はないですよ。国にも、
アメリカにも逆らわない従順な国民をつくるために『偏差値』
を導入したのですから」と答えたのである。
 
私は偏差値がそれほど重要な意味を持っているとは
思っていなかったので非常に驚いたが、
偏差値はそういう目的で導入された「システム」にほかならないのだ。  
 
偏差値によって、たしかに事前に効率よく
学生を割り振って受験させることが可能になった。
 
だが、学校側の工夫次第で、偏差値に関係なく
才能ある学生を選ぶことは可能だ。
 
実際、世界のほとんどの国には偏差値などなく、
学生は自由に学校を選んで受験している。
 
結局、日本で導入された偏差値は自分の
「分際」「分限」「身のほど」
をわきまえさせるためのもの、
 
つまり
「あなたの能力は全体から見るとこの程度なんですよ」
という指標なのである。
 
そして政府の狙い通り、偏差値によって自分のレベルを
上から規定された若者たち(1950年代以降に生まれた人)の多くは、
おのずと自分の〝限界〟を意識して、それ以上のアンビションや
気概を持たなくなってしまったのではないか、と考えざるを得ないのである。
 

 

 
大前研一 『稼ぐ力』より
 
 
 
こんな【仕組み】の中で、
勝手に自分の限界を決めたり
するのって、非常にもったいない
と思いません?
 
 
僕の個人クライアントは、
なぜか学歴が高い方が多い。
 
そして、学歴が高い人で何らかの事情により、
世間一般のレールから外れた人が、
「自分の方向性が分からず、」
もがき、苦しんでいる。
 
 
「下りて正解だったでしょ?」と感じている。
 
「他人が作った枠組み」の中で生きていると
何だか息苦しさも感じつつも、楽と言えば楽
だったのかもしれない。
 
既にレールがあって、それに乗っていけば良いわけだから。
 
 
しかし、いざレールから外れたら、今度は他人が作った枠組みではなく、
【自分の枠組み】を構築していく必要がある。
 
【他人の枠組み】で長年、生きてきた人からしたら、
急に【自分の枠組み】と言われても戸惑うことも
多いかもしれない。
 
 
 
 
 

■質問、感想など

こちら


■LINE

こちら