読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

何かが欠落していることを、悲観しない。

f:id:dai88:20160207094914j:plain

 

 

 

何かで成果を出す方法。
 
人の数倍、努力するか?
人と全く異なったことをするか?
 
このどちらかしか無いと思う。
 
 
数倍、努力するというのは、
人から言われてやるというよりも、
自分で好きなことを追求した結果、
ものすごい努力をしている
という感じがちょうどよいと思う。
 
 
人と全く異なったことをする
ということに関しては、世の中を見渡して、
「ポイントはココだ!」
みたいなことももちろん、やり方としてはある。
 
あるけれど、僕がみている限りでは、
「人と全く異なったことをする」
には2パターンがあると思う。
 
勝つべくして勝つ人と、
何だか勝ってしまう人。
 
勝つべくして勝つ人とは、
さっきの「ポイントはココだ!」
 
 
何だか勝ってしまう人というのは、
自分は普通だと思っているけど、
結果的に人と全く異なったことを
している人。
 
人と違うことをしようとなど
微塵も思っていないのだけど、
普通が何かが分からず、思いのまま
突き進んでいる感じ。
 
世間一般では、こんな人をどこか
「欠落している人間」と捉えるかもしれない。
 
欠落している人間というと、どうしても
ネガティブなイメージを持つかもしれない。
 
しかし、僕はそうは思わない。
欠落しているからこそ、見える世界があると思うし、
欠落しているからこそ、できることもある。
 
 
だから、欠落していることに関して、
悲観をする必要はない。
 
 
欠落をしていたとしても、その欠落を活かす方法
だってある。
 
 
 
あなたのお悩みにをズバリ回答
 

■質問、感想など

こちら


■LINE

こちら