読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

生きにくさを感じたり、本来の自分の力を出せない理由。

生きにくさを感じたり、
本来の自分の力を出せない(出しきれてない感)理由。
 
もちろん、いくつか理由はあるだろうけれど、
ひとつは、自分ではない【他人の価値観】で生きているから。
 
 
自分ではなく、他人の価値観で生きているから、
何となく違和感、生きにくさを感じる。
たとえていうなら、自分の趣味ではない
洋服を無理やり着せられているような感覚。
 
 
自分ではなく、他人の価値観で生きているから、
本来、自分が力を発揮できるであろうトコロに
ついて考えることすらなく、ただ周りに
言われたから、周りがそれを良しとするから
という理由で、何となく自分もそっちかな?
という感じで生きているからこそ、
自分を出しきっている感じがしない。
 
 
もっと、言うと、
 
生きにくさを感じたり、
本来の自分の力を出せない(出しきれてない感)
 
こんな生き方が、世間一般では「良い」という
風潮さえ。
 
本当の自分は、こうなのに・・・
ということを押し殺してでも
他人の価値観を良しとする。
 
 
「本当は、◯◯をしたい・・・。◯◯を大事にしたい・・・」
と言おうものなら、
 
「いやいや、もっとゲンジツをみろよ」
「そんなこと、ムリに決まってるじゃん」
 
 
そんなことをあっちこっちで、言われているうちに、
さらに自分を押し殺すことが必要なのか・・・
と勝手に思い込む。
 
口にすることは、もちろん、自分の中で考えること
すらしなくなる。。。
 
 
押し殺すことが当たり前になってくると、
さらに自分が分からなくなる。
 
周りにばかり、合わせているから。
 
 
当たり障りのない人間にはなるけれど、
まぁ、生きにくい。
 
 
だって、本来の自分ではない自分を演じているだけ。
 
 
 
本当は、あなたにだって、絶対に譲れないモノは
あるはず。
 
 
【あなたの譲れないものは、何ですか?】
 
 
 
 
あなたのお悩みにをズバリ回答
 

■質問、感想など

こちら


■LINE

こちら