読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

あっちへフラフラ、こっちへフラフラ・・・している人の特徴。

検索エンジンは、便利だけど弊害もあることを
以前、書いた。
 
 
何か解決したい問題があるからこそ、検索をするのだろうけど、
その際、多くの人がやってしまう間違いとして、「解決策」
そのものを検索してしまうということ。
 
 
もちろん、たとえば日本からダリ美術館へ行く方法など
回答がひとつしかないものであれば、問題はないかもしれない。
 
 
けれど、何か解決したいことがあって、その「手法ありき」
で探しても、結局、時間の浪費にしかならない。
 
なぜならば、「手法」など世の中にはいくらでもあって、
そんなことをいちいち精査していたら、いくら時間が
あっても足りない。
 
 
「継続ができないんです・・・」
 
という人がいるのだけど、それは手法にばかり目が
向いているから。
 
良さそうな手法がみつかったら、
あっちへフラフラ
こっちへフラフラ・・・
 
この繰り返し。
これでは、成果など得られるワケがない。
 
 
情報が取りやすくなったというのは、
良いことがある反面、このような人を
大量に生み出すことにもつなっがっている。
 
 
そもそも、
自分に合った手法は何か?
 
と考えた場合、「自分」が確定していないようでは、
手法そのものだって無意味になる。
 
いや、手法自体はそれほど問題ではないかもしれない。
 
自分が一番、力を発揮できる部分さえ分かれば、
むしろ手法はどうでもよい。
 
だからこそ、自分の力が一番、発揮できるのはどこか?
 
ここを先に確定させるからこそ、手法がより活きてくる。
 
 
 
何か画期的な手法が世の中にあって、それさえ採用すれば
飛躍的な成果を得ることができる・・・
 
そんな幻想を抱いている人が、とても多いように感じる。
 
 
はっきりいえば、そんな都合が良い手法はないと
断言できる。
 
 
簡単に情報を得られる時代になったからこそ、
そんな情報に振り回されていては、時間を無駄に
過ごすだけ。
 
 
だからこそ、ベクトルを【外】に向けるのではなく、
もっと【内】に向けて、そこから必要な情報を
あらかじめアタリをつけていくというアプローチが
良い。
 
 
 

■質問、感想など

こちら


■LINE

こちら