読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

【自分】というボトルネックを解消する方法。

僕が海外にいても、フラフラしながら暮らしていける
理由を挙げよ
 
と言われたら、顔を合わせたことがない人に、
お願いして、仕組みを持っているから
 
とこたえる。
 
つまり、アウトソーシングの仕組みのことなのだけど、
これができれば、ネットにさえつながっていれば、
どこにいようと収入を得る仕組みを【所有】できる。
 
【所有】としたのは、あくまで【所有】であって、
自分自身が作業者でなく、仕組みそのものを
【所有】するという意味。
 
 
たとえば、あることをすれば、
100を得られるコトがあったとする。
 
 
その100を得るためには、
A、B、C、D、E
をこなすと、100が得られる。
 
 
しかし、自分ができるのは、
D
だけで、他は自分にはスキルがなかったり、
面倒(苦笑)でできない。
 
 
じゃあ、どうするか?というと、
D以外の部分、
 
A、B、C、E
 
を誰かにお願いする。
 
 
お願いするというと、大体、2つの
反応がある。
 
「お願いする相手がいない」
「お願いするといっても、お金がかかるでしょ?」
 
 
 
「お願いする相手がいない」については、
クラウドソーシングを活用すれば、
ほぼあなたのお願いを叶えてくれる相手が
みつかる。
 
インターネットの本質は、結局、「出合い系」
だと思っていて、ネットがなかったら出会うことが
できなかった人(モノ・情報)が出会うことが
できるようになる。
Uber、airbnbなども結局、つまるところ出合い系。
 
 
「お願いするといっても、お金がかかるでしょ?」
については、当然お金がかかる。
 
 
しかし、考えて頂きたい。
 
 
あるコトをすると、100得られる。
 
ただ、
A、B、C、Eに関しては、人にお願いしなければ
ならないとしても、そのお願いするコストが
仮に40だったらどうか?
 
 
100-40=60
 
 
つまり、60をあなたは得ることができる。
40を他人に支払ったとしても。
 
 
で、大事なのはここからで、他力を活用することで、
60を得られるようになったら、どうなるなか?
 
 
100の仕組みを、200に拡大することをしても良い。
別のたとえば、80だったり、150の仕組みを
構築していっても良い。
 
 
つまり、他力を活用することで、【自分】という
ボトルネックから開放されることになるかだ。
 
 
アウトソーシングをマスターすることができるようになると、
インターネットにさえつながっていれば、
バシバシ他人に作業を振りながら、収益の仕組みを【所有】
することができるようになる。
 
 
 
 
と、抽象的な話で分かりにくいと思うけれど、
これをもっと具体的な方法を実践しながら
このアウトソーシングをマスターするプログラムを
用意しています。
 
 
興味ありますか?
 
 
もし、ご興味がありましたら下記よりご連絡ください。
 
 
 
あなたのお悩みにをズバリ回答
 

■質問、感想など

こちら


■LINE

こちら