世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

Gmailやgoogle Mapが生まれた経緯。

google Map
 
 
海外で暮らす僕にとっては、どちらも欠かせないサービスだ。
 
特に、google Mapに関しては、なかった時代は
どのようにしていたのだろうか?苦笑
と思う程、インフラのようなサービスだ。
 
 
google Map
 
 
どちらも、google社が提供しているサービスなのだけど、
ある共通点がある。
 
 
それは、どちらも【20%ルール】というgoogle社独自の
ルールから生まれたサービスだ。
 
【20%ルール】とは、通常の業務とは別で、
20%の時間を自分の好きな時間に費やす
というルール。
 
 
【20%ルール】 の細かな内容については、ググって頂くとして、
ここで注目すべきは、業務としてやっているのではなく、
自発的に行っているということだ。
 
 
『How Google Works』という本では、
 
「ここで重要なのは時間ではなく、自由である」
「この自由な感覚は、やれと言われたことではなく、
自分がやりたいことをやれるという事実からきている」
 
 
 
ポイントは、「自由」「自発的」
 
 
 
人からやらされているのではなく、
自ら取り組みたくて取り組んでいるという点。
 
 
会社で働くというと、どうしても会社から言われたことを
こなしていこうという発想になる。
 
会社側(経営)としては、
いかに安く、沢山の仕事をさせるか?
 
 
働く側としては、
いかに高い給与を、いかに楽してもらうか?苦笑
 
結局、このせめぎあい?
 
 
会社でなくても、かりに自由業やフリーランスだとしても、
目先のお金を得るために、やりたくない仕事を受けたりという
ことは起こりがちだ。
 
 
そこには、自ら主体的に取り組んでいる感じがせず、
結局、人から言われたことを淡々とこなすということに
なる。
 
 
人の力は、他からの働きかけよりも、自分の内からでる
力の方が大きい力がでる。
 
 
といっても、小さい頃から、学校での勉強に関しても、
他者からの働きかけによって、
 
◯◯をやりなさい
 
といわれてきて、会社に入っても会社からの指示で
動くことが当たり前のようになっていると、
 
自らの意思で
と急に言われても、なかなか動くことができない。
というより、ありがたいことに、そのように
教育されてきた?
 
 
たとえていうと、これまで仕事一本でやってた人が、
定年して「さて、どうしよう」のような状況。
 
 
会社の都合で、リストラされて、会社から放り出されて、
「さて、どうしよう」など。
 
 
自発的に何かをしようとすることを、抑制されてきた(今も?)けど、
今後、自発的に何かをすることはとても大事になる。
 
 
 
自発的に、【コト】を起こすこと。
^^^^^
 
それこそが、【コア】である。
 
 
 
「周りに合わせろ」
「空気を読め」
「人に迷惑をかけるな」
 
と言われ続けて、それに応えているうちに、
段々、自分が分からなくなって当然。
 
 【あなたにとっての、20%ルールは?】
 
 
 


■LINE

こちら