世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

新年の誓いとモチベーション。

新年がはじまるにあたり、新たな決意をもっている
方もいるかもしれない。
 
僕は新年と言えども、まったく正月感がなく、
いつも通りに過ごしている。
これは、マレーシアにいるからとかではなく、
まだ日本にいるときから同じ。
 
 

f:id:dai88:20151231180102j:plain

クリスマスツリーがまだあるマレーシア
 
 
モチベーションややる気スイッチについて、
以前、書いたことがある。
 
 
結局、小さいころから学校などで、
教師などから「これをやりなさい」や
職場などでも上司などから「これをやりなさい」
など、外部からの「やらされている感」に慣れすぎて
いて何か自発的に「やろう」という気が削がれている
ことが非常に多いと感じている。
 
そもそも、僕は小さい頃からへそ曲がりで(苦笑)、
人から「◯◯しなさい」と言われる度に、
「何でオレが??」と感じていた。
 
感じていたというより、今もそうなのだけど。
 
 
「○◯して」というのは、いわば外発的な
要因で「やる」ということ。
 
一方、僕がやっているのは「自分がしたい到達点」みたいなのが
先にあって、だから自分で内発的にやる。
                        ^^^^
 
内発的にやっているので、そもそもモチベーションなどについて
考えたことがない。
 
その代わり、自分が勝手にやっていることなので、
イイワケなどできない。
 
 
この【外発的】と【内発的】ってのがかなりポイントではないか?
と多くの方々とセッションをさせて頂いて感じていること。
 
 
つまり、できない理由がそもそものスキルとか経験などではなく、
さらには【内発的】なものにも依らず、
 
ただ何となくだったり
外からの要因でやろうとしていることだったり
世間一般的に良いとされているからという謎の理由だったり
 
 
僕からしたら、それらから本当の力など出せるわけがなく、
逆に内発的なことからはじめたことは、どんなことがあろうとも
するだろうし、その人、本来の力が存分に発揮できるとも思う。
 
 
よく、クライアントにも言っていることだけど、
自分にフィットした土俵
 
を発見するだけで8割型、勝負は決まったようなものであることにも
つながる。
 
 
【勝てる土俵を一緒にみつけませんか】
 
 

あなたのお悩みにをズバリ回答


■LINE

こちら