世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

Amazon、apple、IKEA。この仕組みを個人にも。

A:オーナー(資本家)
B:会社経営者経営(社長業)
C:給与所得者
 
 
CはBのために労働し、
BはAのためにCを管理としての労働を行う。
 
 
B
C
 
に共通すること。
それは、源泉徴収
 
たとえ、大企業の取締役だとしても、勝手に
経費として使うことはできない。
 
 
一方、いわゆる、ひとり社長だったら。。。
*ひとり社長=自分が100%株主オーナー
 
僕が、マレーシアと日本、そしてその他の国を
行ったり来たりしている理由。
 
 
会社名義の出張
会社名義の宿泊
会社名義の福利厚生
会社名義の接待
 
 
 
 
近年は国をまたいで法人という【箱】
の活用がとても活発だ。
 
 
AmazonappleIKEAgoogle・・・
 
これら、世界的な各企業が国をまたいで、
法人を活用している方法は、かなり巧妙だ。
 
これらを、自分のひとり法人に活用したら。。。
 
単に周りがしているからとか、
これまでそうだからとか
 
ワケの分からん理由で、これまでの
【枠組み】の中でこれからも生きていくのか?
 
それとも、【枠組み】を自ら積極的に活用する
【側】になるのか?
 
国境自体、当分なくなることはないだろうけど、
個人が国境を超えて可能になることは、
今後どんどん増えることはあっても、
減ることはない。
 
 
そんな流れの中で、どう生きるのか?
 
 【国をまたいだ仕組みの構築をしませんか?】
 
 

■質問、感想など

こちら


■LINE

こちら