世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

「それ、自分がやる必要あるのか?」のその先。

ほったらかし収入シリーズです。
 
必要なノウハウ(情報)は、
検索が発達したことと、
ブログなどによって、情報発信がしやすくなったこと
などによって、容易に取れるようになった。
 
容易に取れるようになったということは、
情報を得る側にとって、より「どう在りたいか?」
が問われるようになる。
 
 
なぜかというと、そもそも何のための情報なのか?
単に暇な時間を埋めるために、情報を消費したいのか?
それとも得た情報を元に、もっと有効な時間の使い方、
さらにいうと自分の自由な時間を得たいのか?
 
というように、いかに情報と対峙するか?みたいな
ことまで考えていなかいと、情報の波に飲まれてしまう。
 
というようなことは、これまでの何度か書いてきた。
 
さらに、今回はもう一歩、進めた話しを。
 
たとえば、
 
得た情報を元に、もっと有効な時間の使い方、
さらにいうと自分の自由な時間を得たいのか?
 
 
という目的があって、情報を得ようと考えた場合、
その得た情報に何かしらのhow to(ハウツー)
があったとする。
 
こうすると、もっと有効に時間が使える
もっと自由な時間が得られると
 
じゃあ、そのhow to(ハウツー)に対して、あなたは
2つの選択肢がある。
 
どんな選択肢か?というと、
 
自分で【それ】をやるのか?
他人に【それ】をやってもらうのか?
 
 
how to(ハウツー)はとても得やすくなったけど、
そのhow to(ハウツー)をいかにするか?
ということを考えている人が非常に少ない。
 
 
ちょっと、話がずれてしまうかもしれないけれど、
たとえば、何かしらの国家資格。
 
 
よほど、何かしらの目的があるなら別だけど、
何か国家資格をとっておけば・・・
 
というスタンスであったら、やめておくほうが良い。
 
なぜなら、あなたより先に、もう数年、さらには
数十年先に資格を既に取得して、それを仕事に
している人がいるからだ。
 
そのような人たちがいても、あなたに何らかの
勝算があってのことなら話は別だけど。
 
 
仮に勝算があったとしても、【その資格】をあなたが
取得する必要性はどの程度あるのか?
 
勝算があった場合、あなた自身が資格を持っていなくても、
既に資格を持っている人がいるなら、その人たちをあなたが
束ねてその勝算があるところへ乗り込んでみてはいかがだろうか?
 
 
ここで、先ほどの
 
自分で【それ】をやるのか?
他人に【それ】をやってもらうのか?
 
 
これから、あなたが時間をかけてやろうとしていること。
それは、あなたでなければできないことなのか?
他の人ではダメなのか?
 
そこを考えてみる。
 
そんなことを考えていたら、自分の存在価値など
なくなってしまいそうだ・・・
 
そんなことを考える人もいるかもしれない。
そう、若かりしころの僕がそうであった。
 
 
筋金入りのナマケモノである僕は、
常に「それ、自分がやる必要があるのか?」
 
という視点で眺めていた。
 
だから、何か特別なスキルもなければ、経験もなにもない、
空っぽな人間になってしまった。
 
 
しかし、人間の価値は、スキルや経験が全てなのか?
 
スキルや経験がないとしても、スキルや経験がある人を
束ねて新たな価値を生み出すこと
 
それだって、価値があるのではないか?
それこそが、存在価値になるのではいか?
 
ということに、辿り着いた。
 
「それ、自分がやる必要あるのか?」
 
⇒自分の存在価値の確認
 
⇒自分そのものに価値はなくても、
価値あるものを束ねて、新たな価値を
生み出す
 
 
こんな思考過程だ。
 
 
 
今、何も持っていないくても心配はいりません。
必ず、あなたにも価値を提供できるモノはあります。
 
考え方、捉え方次第で。
 
 

■質問、感想など

こちら


■LINE

こちら