読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

「コンテンツ」は自分で書かずに、

「日記」と「コンテンツ」の違いについて書いたけど、
相手のためになること。
相手に貢献できる内容を書くこと。
 
これがブログを書く上で、とても大事だ。
 
じゃあ、実際にどうやって書いていくか?
 
ひとつは、自分が学んだこと、新たな気づきについて
書いていくという方法。
 
この方法は、自分の学びをさらに深い学びにすることもできる。
 
 
ただ、ひとつの問題点として自分が出会いたい相手に
刺さらないことが多い。
 
刺さるとは、相手が共感してもらったり、
何かしら共感をしてもらうということ。
 
刺さるかどうか?は相手次第だから、
自分が感じたことをそのままコトバにして
そのまま刺さるとは限らない。
 
 
では、どうするか?
 
それは、相手がどんなコトバが刺さるか?を
よく観察する必要がある。
 
 
どんなコトバが刺さるか?はどうやって知る必要があるか?
 
それは、相手と対話をする。
何人も。
 
 
僕自身、こうしてブログを書いている時間より、
色んな人と対話をしている時間の方が長い。
 
その対話を通じて、相手がどんな現実を生きていて、
どんなコトバを使っていて、どんなコトバに反応するのか?
 
これらをブログに綴っていく。
 
ブログに、相手に刺さるコトバを継続的に綴っていくと、
さらに相手からの反応が得られるようになる。
 
こう考えていくと、ブログの内容自体、僕自身が
書いているというよりも、これまで僕と対話を
してきた人と一緒に創っているとも言える。
 
【刺さるコトバを見つける方法を教えます。】
 
 
 

■質問、感想など

こちら


■LINE

こちら