世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

対話の価値

勘違いをしている人が、多いようなので、
一度、書いておく。

ブログのメリットのひとつとして、
一度、書いておけば、あとは何人の
人が読もうとも手間は変わらないという
ことがある。

ここの部分は、理解できますよね?


1人しか読まないとしても、1万人が読んだとしても、
あなた自身がやったことは、ブログを書いて、
【一度】アップしただけ。


確かに、それは間違いではないし、ブログのメリット
ではあるけど、そこばかりにフォーカスしてしまうと、
とても大事な視点を見落としてしまうことになる。


大事な視点とは何か?


それは、画面の向こうには生身の人間がいるという
とても当たり前のこと。


その当たり前のことがきちんと理解できていれば、
書く内容だって、相手を意識した内容になる。

ブログを書くという行為そのものは、
綴っていくことそのものだけど、
単にひとりごとのように綴っていくより、
相手を想定しながら書くほうが良い。

相手を想定しながら書くといのは、
読んだ相手が価値あることを意識して
書くということだ。

あなたもブログでも何でも何かを読もうと
思ったものを振り返ってもらえば、分かる
ように何か自分にとって


ためになる
面白そう

と、何かしら感じるからこそ、読もうと思う。


相手に、感じてもらうためには、どうしたらよいか?


そのために必要なのが、「対話」


言語化したモノをきっかけとして、対話をする。
対話をすることで、さらなる言語化を。

「言語化」と「対話」はいわば、両輪のようなもの。

どちらかが、欠けていたら、どちらかがうまくまわらない。

 

言語化を意識的にしていくと、その言語化したモノに
興味を持った人が集まる。
その人たちと、たくさん対話することで、さらなる
言語化が促進される。

言語化⇒対話という流れでなく、
対話⇒言語化でもよい。

対話からスタートしても、もちろん、構わない。
このときの対話は、対価を伴うものでなく、
無料でする。
むしろ、相手に対価を払って対話をしたってよいかもしれない。
それくらい、対話には意味がある。

対話には意味があるといったけど、オンラインコンサルは、
その対話に対して、対価をもらってすることができる。

 

 

あなたのお悩みにをズバリ回答

 

 

■お問い合わせ

こちら


■LINE

こちら

 

 

 

 

広告を非表示にする