世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

伝えたいコトを、相手に伝えるために

言語化にもいくつかパターンがある。

ひとつは、不明瞭なコトを言語化することで
明瞭にする。


その他には、ひとつのコトを色んな角度から、
言語化するということ。
「表現力」、「視点」のような意味合い。


たとえば、ある女性をデートに誘いたいとする。

「デートしない?」というのがひとつ。

「美味しい小籠包の店があるけど、いかない?」
という誘い方だってある。

どちらも、誘った側からしたら、デートをするという
ことにはかわりない。

かわりないけれど、「デート」という直接的な
表現をするか、それとも間接的な表現をするか。

ブログに関しても、同様で伝えたいコト自体は、
1つか多くても3つくらい。

それを、あれこれ表現や視点を変えながら、
綴っていく。

なぜかというと、人は一度や二度、書いたくらい
では相手には伝わらないからだ。

一度や、二度で伝わらないなら、何度でも書く。
何度も同じ表現をしていたら、相手に飽きられて
しまう。

だからこそ、色んな角度から書く。
何度も。

色んな角度から書くためには、
もちろん、語彙力はあるにこしたことはない。
けれど、語彙力があれば色んな角度から
言語化できるか?というとそうういうわけでもない。

きれいな文章、美しい文章である必要はない。

 

 あなたのお悩みにをズバリ回答

 

 

■お問い合わせ

こちら


■LINE

こちら