世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

飽きっぽさを逆手にとる。飽きっぽさをビジネスに活かす

ぼくは、非常に飽きっぽい。

興味の対象が、次から次へと移ろい、
結局、振り返ったら、何だったんだ??と、
我ながら思うことが多々ある。

しかし、これも、元々「持っている資質」と考え、
それを活かす方法を考える。

もちろん、それなりの成果をあげるためには、
それなりに時間をじっくりかける必要もある。

でも、その「じっくり時間をかけること」を自分で
やる必要があるのか?
自分でやらなくても、人にやってもらうことはできないか?
自分は、色々な「ネタ」をみつけることにフォーカスできないか?

たとえば、飽きっぽいといっても、たった半年間限定(苦笑)
だけやれるならば、その半年間でできることを決める、
つまりあまり大きいことを狙わずに、半年間きっちりやれば
できるようなことをみつける


とか。

このようにだって、考えられるはずだ。

知り合いの経営者でも、ひとつの事業をじっくりと
取り組む経営者もいれば、色々とあれこれ手を出しながら、
きちんと成果をあげている経営者もいる。

自分の性質は、どんなものなのか?
そして、その資質を活かすにはどんな方法が最適なのか?

まずは、自分と向き合うことからはじめる。
向き合って、これこれ、こういう資質だから、
このようなワークスタイルを採る。

このようなアプローチがあってもいいのではないか。

 

 

■お問い合わせ

こちら


■LINE

こちら