世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

何かをしたいから書くというより、したいことを見つけるために書き続ける

 

前回は、潜在的な需要を喚起するために、
「言語化」が重要だということを書いた。

「言語化」は自分にとってもとても大事なことだ。


このブログ自体、思いついたときのキーワードを元につらつらと綴っている。
特に構成などはあまり気にしていない。
つらつらと綴っているうちに、自分自身でハッと気づくことがある。


それは、自分の思考がまだ浅くて、うまく言語化できていなかったものが、
自分で綴っているうちに、より明確になっていく

そんな感覚だ。

言語化されることで明確になること。


過去の出来事や感じたことを【言語化】することで、自分の感情などに向き合う
現在の自分を【言語化】することで、現在地を明確にする
未来の自分(なりたい姿)を【言語化】 することで、進むべき道を明確にする

 

 

言語化するということは、意識して時間を確保しないことには、
ほぼ不可能だ。


日々の生活の中で、やるべきことがどんどん押し寄せてきて
改めて自分と向き合うことができなくなっているからだ。

インターネットやスマホなどによって、情報だって
かなりの勢いであなたに迫ってくる。

情報との距離も自分でうまくコントロールしなければ、
単に情報に振り回されかねない。


何か目的を持って、「書くこと」をはじめることも、もちろん
良いけど、「したいことを見つけるため」に書くという効用も
見逃すことができない。