読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

電話帳に載っていない仕事をする方法

電話帳に載っていない仕事をする。

これは、天邪鬼な(苦笑)僕の性格に依るところも
大きく、今存在する仕事だって今後、
機械に代わられたりすることを考えると、
自ら仕事を創っていくという視点はとても大事
だと考える。


とはいえ、【自ら仕事を創る】というと、とても難しそうに
きこえるかもしれない。

人から言われたことを、こなすことに慣れている人にとっては、
そもそも何から手をつけていけば良いか、皆目、検討もつかない
だろうし、逆に人から言われたことを、淡々とこなすということに
違和感を感じている人にとっては、とても可能性を感じてもらえる
とも言える。


基本的に、ビジネスは需給バランスで成り立っている。

ある需要に対して、供給が沢山あれば価格は下る。
供給が沢山あるとは、つまり出来る人が沢山いるとも言える。
出来る人が沢山いるとしたら、あなたでなくてもよい。

この種の仕事は、既に広く人に知られていて、かつ
需要自体も明確なもの。
ニーズが顕在化しているとも言える。


一方、ニーズそのものが顕在化していないというパターンもある。

顕在化していないので、そもそも本人すら必要性を感じていないし、
そのもの(サービス)の存在すら知られていない。

では、どうやって必要性を感じてもらったり、存在を知ってもらうか?

それは、言語化すること。


言語化することで、読んだ相手がモヤモヤしていたことに、
ラベリング・意味付けしていき、需要を喚起させ、気づかせる。

僕がしていることの、種明かしをすると、こういうことだ。


もう少し、噛み砕いていうと、僕のコンサルに申し込まれる人
のほとんどが言うコトバ。

それは、
「自分が、コンサルを受けるとは思ってもみなかった」


僕自身、コンサルを売り込んでいるつもりもないし、
相手ももちろん、売り込まれているとも感じていない。

でも、気づいたら、コンサルを申し込んでいる。


コンサルなんて、売るという観点からいうと一番、難しい部類に入る。
だって、形がないものだし、そもそも「今日はコンサルでも、買いに行くか」
という人は、この世の中、皆無だ。


相手と僕をつなぐもの。
それは、いまはまだ、うまくコトバになっていないことを、
【言語化】して相手の目の前に提示をする。

 

あなたのお悩みにをズバリ回答