読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

「できれば、働きたくない」の真意

生きていくためには、お金が必要なことは言うまでもない。
今後もずっと、生きていくためにお金が必要なのか?というと
それも言い切れないけど、この話はまた別の機会に。


お金のためであれば、誰でも彼でも自分の貴重な時間を差し出すのか?
僕の回答は、NOだ。

 

じゃあ、どんな人には自分の貴重な時間を、喜んで差し出すことができるか?

それが自分にとっての
「理想の顧客像」


理想の顧客像を明確にして、
その人たちにどんなことを提供できるか?


僕も含めて、働くことが嫌な人の多くは、

・嫌な人と付き合わなければならない
・自分の貴重な時間を差し出さなければならない

ということが嫌なのかもしれない。


逆にこの辺りがクリアされれば、喜んで自分の時間を差し出す。

それは、自分の人生を自分自身が主導権を握って生きていくとも言えるかもしれない。

 

kaigaiinkyo.hatenablog.com

 

「働く」とは、「傍(はた)を楽にする」ともいうらしい。

誰(傍)を楽にさせたいか?

 

 

【あなたも、「働かない」を一緒に実現しませんか?】

 

 

あなたのお悩みにをズバリ回答