世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

コミュニティ化はあらゆるビジネスにおいて、今後、非常に大きなポイントになる

あらかじめ、お断りをしておくと、僕は「仲間」とか「絆」みないなコトバは
苦手である。

好きではないけれど、「コミュニティ化」はあらゆるビジネスにおいて、
今後、非常に大きなポイントになる

と考えている。

「コミュニティ化」とは、簡単にいうと同じ価値観や趣味趣向の
人同士の集まりという意。


僕の場合で言うと、

・海外移住、海外教育
・社会不適合者(苦笑)


など、という切り口。


恐らく、「海外移住・海外教育」や「社会不適合者」ということを考えていても、
普段の生活では出会うことはなかなかないかもしれない。

ないかもしれないけど、インターネット上に自分が発することで、
同じような価値観を持った人たちと出会うことができる。

僕のブログなどをきっかけに集まってきた方同士、
交流を持てるということだ。

このブログをきっかけに新たな人同士の「横」のつながりが生まれる。

海外現地集合したり、
社会不適合者っぷりを自慢しあったり


といっても、基本的にコミュ障の方が多いので(苦笑)気兼ねなくやっている。


「コミュニティって、インターネットに限らず、あるのでは?」
そう思うかもしれない。


では、オンラインとオフラインでの違いは何か
というとそれは確率の違いではないかと思う。

オンラインでは、自分の価値観なり世界観をさらけ出すことで、
それらに共感してくださる方々がアクセスしてきて頂ける。

一方、オフラインだとなかなか自分の考えを「発する場」がない。
ないというよりも、手段が限られており、さらには準備にとても手間がかかる。
自分の考えを発する場としては、セミナーなどが考えられるだろうけど、
そもそも人前で話すなどということは考えただけで、ぞっとする。

そうなると、今している、このブログが僕にとっては最適。

このブログをあなたが読んでいる確率も相当な確率であるとも言える。

普段の生活では相当低い確率でしか出会えないことを、
インターネットを活用することでそれでも、相当確率自体は
低いかもしれないけれど、若干、上げることができる。

 

で、ここでやっと本題。

なぜ、コミュニティ化が今後、大きなポイントになるか?


まず、ビジネス的な側面でいうと、もう日本人の多くはそれほど
「モノ」にはそれほど興味がないし、今後も「モノ」に対する
興味が増えるとは思えない。

これはマズローの話を出すまでもなく、何となく感覚的にも、理解できることかもしれない。

じゃあ「モノ」ではなく、何か?というともっと内的なモノに
人は集まる様になる。

21世紀の最大の娯楽は「哲学」

みないなことを前にも書いたと思うけど、機能的なモノなどよりも、
もっと人は別のものを求めるようになる。

その「別のもの」のひとつの【解】がコミュニティ化。


自分と同じ価値観を持った人同士が集う、【コミュニティ】に属することで
心の充足感を得ることができる。

それは、「モノ」を所有することでは得られない感覚だ。


コミュニティは、自分で主宰しても、誰かが主宰するコミュニティに属してももちろん
どちらでも構わない。

構わないけれど、自分で主宰することをオススメする。

僕自身、ビジネスをしているのも、最終的にはコミュニティ作りを念頭に置きながら
すすめている。

 

 

【あなただけのコミュニティを構築してみませんか?】

 

あなたのお悩みにをズバリ回答