世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

国に依存するのではなく、自分にとって最適な国はどこか?という視点で考えてみる

日本に生まれたからといって、日本にこれからも
ずっと住み続けなければならない理由はひとつもない。

国に依存するのではなく、積極的に自分にとって最適な国はどこか?
という視点で考えてみる。


国が採っている政策、その国の気候、その国の食べ物、その国の国民性などなど。
自分のライフスタイル、自分の考え方にフィットする国はどこか?
もちろん、ビザのことも考慮する必要がある。


国籍を持つ国
住む国
働く国
遊ぶ国
資産運用する国


これらをどのように自らが選択していくか?


日本でも、仕事が得られる都心部で働き、住む場所は都心から離れたところ
というスタイルはとても一般的だ。

海に囲まれた日本ではあまりイメージが沸かないかもしれないけど、
国境を超えて通勤している人だって世界にはいる。


単に自分にとっての「快適さ」を追求するだけではない。

ひとつの国に住まざるを得ない
ひとつの会社からの給与に頼らざるを得ない


この「ひとつ」というのはどうしても不安定だ。


何かの拍子に、そのひとつが崩れてしまったら・・・


だからこそ、まだ大丈夫なうちに、ひとつに頼らなくても大丈夫なような
体制を整えておく。


考えたこともなかった人とっては、とてもハードルが高いことのように思うかもしれない。

しかし、まだ誰も成し遂げたことがないことにトライしようとしているわけではない。
既に、誰がやっている人がいることをしようとしている。

だったら、既にやっている人を何人か見つけて、同じようにやればよいことだ。

最初は、スキルや経験がないのは当然。

スキルや経験がないからといって、そこでスキルや経験をあげよとしていたら、
つまでたってもできない。

そうではなく、【現状の自分】でいかに最大限の成果をあげるか?


それを考えることが、ポイント