読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

【勉強】という病

 
 
戦略っていうと、難しく聞こえるかもしれないけど、平たくいうと「既にあるもので、どうやっていく?」
くらいの意味。
*「既にあるもの」というと、自分にあるものしか使えないの?と捉えられるかもしれないけど、
他力を活用するのも、もちろんOK。ちょっと、話がずれるので、おいといて。



◯◯と認識している。
この◯◯という部分が、たとえばネガティブな意味合いであったとしても(ネガティブだからこそ)、
それをマイナスからプラスに変えようということに注力するのではなく、それをひっくるめて、
じゃあどうする?ということを考ええるということ。


どうしても、「ないもの」を一生懸命に埋めようとしてしまう。


「勉強病」と僕は勝手に呼んでいるのだけど、自分には足りないからまず勉強しよう。
もちろん、勉強することそれ自体が不要だとか、悪いといっているのではなく、
まず勉強ありきで、そもそも何が目的でその勉強をやるのか?
いつまで【それ】についての勉強をして、いつから活かしていくのか?


このあたりがまったく不明確で、「とりあえず勉強しよう」ということが多い。


これは、結局、「ないもの」にフォーカスしてしまっていることに依るもの。



なきゃないで、自分でマスターするというのもひとつだし、
なきゃないで、他力を活用するというのもひとつ。


ないならないなりに、どうするか?という、さらに重要なのが、
そもそもどうしたいの?というところから考えないと、
勉強そのものが目的になってしまう。

 
 
 
 
 
広告を非表示にする