読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

マレーシアの宅配事情。こんなこともありました。

日本でしか入手できない、あるモノをネットで注文して、マレーアへ送ってもらうように手配をした。
追跡ができたので、日本から発送されて、今どこにあるか?は把握できた。

 

しかし、僕が住んでいるエリアまで届いているはずなのに、一向に届かない。

数日経ち、配送会社に荷物はいつ届くか?ということを電話で問い合わせた。
追跡番号を伝え、担当は調べてから、連絡をするということで電話を切った。

しかし、1日経っても、2日経っても連絡がこない。

止むを得ず、もう一度、電話。


追跡番号を伝え、「いつ、届けてくれるのか?」と聞いたところ、驚きの回答が・・・


「日本へ戻す手続きに入っています」と。。。

オイオイ

言っている意味が、全く理解できず、
「とにかくもう何日も待っているのだから、
日本へ戻す手続きを、とりあえず止めてくれと」


「何とかしてみます」と担当。。。
また、その担当の英語がとても聞きづらい。

 

 

と、宅配ひとつとっても、いかに日本の宅配サービスが優れているか。

アスクル(明日くる)どころか、場合によっては注文したその日に届く。
こんな便利なことはない。

ないけれど、そのようなサービスを日々、当たり前のように利用していると、
そのサービスの凄さがいつのまにか分からなくなってしまう。