読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

なぜ、子どもたちを海外の小学校へ通わせているのか?

僕たち家族が、マレーシアに来た理由。
その半分くらいが、子どもたちの教育目的。


教育内容が、日本と比較して、マレーシアが優れているか?それはどうかは分からない。


ただ、言えるのは、僕自身が日本の教育を受けてきて、子どもたちにも
同じような教育を受けさせることが本当に正しい選択なのか?ということ。

中学受験や大学受験などをしてきた経験から、
日本の受験の仕組みや実際に学校で学んだことが
これから子どもたちが大人になった時に、本当に
必要とされていることなのか?という疑問がある。


さら、そんなことを考えるきっかけがった。
僕の知人が、日本国内のあるインターナショナルスクールにお子さんを通わせている。

たまたま食事をしながら、教育について話をしている中ででたこと。
その学校でのカリキュラムのつくり方。


子どもたちが、成人する頃、社会がどうなっているか?を想像しながら、
どのような教育が必要か?を学校・先生・PTAで決めていきましょう


これを、聞いたとき、僕は「あぁ、こんな考え方もあるのか」
ということを強く感じた。

 

で、僕なりの仮説というか、子どもたちが成人するころ、
どんな社会になっているか?


それは、恐らく、日本だけで完結することは、様々な面で
難しくなるのではないか?ということ。


それまでは、日本の中だけで、完結することができた。
海外とのやりとりをするといっても、一部の人たちだけ。

でも、今後は、そうも言っていられなくなるのではないか。

人口減少はもちろん、海外との行き来も今後、ますます増えていく。
だとしたら、日本で日本人だけに向けた教育で、今後、子どもたちは
適応していくことができるのだろうか?


日本の中で、ほとんどが同じ言語の日本語を話し、ほとんどが日本人だ。
日本は、良くも悪くも、とても特殊な国だ。


下の子が、小学校に入るタイミングでマレーシアにきた。
それなりに、物事を理解できる状態であると思うので、
日本を離れてみることで、客観的な視点も持つことが出来るのではないか
とも考えている。