世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

子どもたちの英語力と漢字。

マレーシアに来た当初、子どもたちは全く英語がデキなかった。

今となっては、僕のへっぽこな英語に対して、「パパ、その発音、へん!!」と
ダメ出しするまでに成長した。


子どもは耳がよく、僕のように日本語ベースの英語ではなく、
聞いた英語をそのまま発音できるようだ。


ただ、子ども時代の英語は、その後、使っていない期間が多いと、
全く忘れてしまうということもあるらしい。

 

学校では基本的に、英語だけど家ではもちろん、日本語。
日本語を忘れないように、作文の通信講座をやらせている。

 

 

 

kaigaiinkyo.hatenablog.com

 


添削なので、もちろん紙に書いて、郵送するスタイル。

 

子どもたちに、作文の通信講座をやらせていて、ふと思うこと。
それは、漢字を書ける必要があるか?


作文(文章)は、とても大事だとは思う。

僕自身、子供の頃は文章を書くことなど、何を書けば良いのかさっぱり分からず、
よく途方に暮れていたことを覚えている。苦笑


でも、やはり文章で人に伝える

というのは、ブログやメールなどでもとても重要なことだと
強く感じている。

 

でも、漢字を書くことに関してはどうか。


僕が小さい頃は、ドリルみたいなのがあって、ひたすら漢字練習や計算問題をやらされていた。


今は漢字を知らなくても、とりあえず変換すれば出てくる。

たまに、漢字を書こうとしても、漢字が出てこない・・・
そんなことが、最近、とてもよくある。


とりあえず、漢字は読めれば良いか。
いやいや、日本人何だから、漢字くらいかけなくては、、、