世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

良いブログの定義とは?

良いブログとは、どんなブログだろうか?


もちろん、人それぞれブログをやっている目的があって、
どれが正しいということはない。


一番、分かりやすく、多くの方々がみているのがPV。
ページビューと呼ばれるもので、どれだけのページ数が
見られているか?という指標。


10人の人がきて、各自が10ページずつブログを読んでいったら、
100PVとなる。


PVは、書いたブログをどれだけの人が読んでくれたか?を知るので
とても分かりやすい。

ただ、これもPVを得るためであれば、極端なはなし、炎上も厭わないと考えだすと
ちょっと方向性として間違っているような気がする。

テレビでういうと、視聴率が良ければ、良い番組なのか?
というともちろん、そういうわけではない。

 

ブログはそもそも、とてもパーソナルなメディアなので、それほど「絶対数
自体を負うことはナンセンスだ。


PV自体を負うこと自体よりも、もっと大事なことがあると思う。

 

では、何が大事か?


ひとつは相手からの反応をもらえるということだ。

反応というのは、ブログを読んでくれた方から、
この部分が良かったや、ブログに書いてあることを
試したらうまくいったなど。


何か読んでもらった相手に対して、ちょっとでもプラスを残すことができる。


PVのように分かりやすい指標ではないけれど、反応があることで、
ちょっとでもプラスを残せたのかなぁと、感じることができる
ブログが良いブログだと思う。