世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

あなたは、飛行機の操縦ができまますか?

【How to】ばかりに目がいってしまって、どの【How to】が自分に合うか?
という視点でばかり、ものをみている人が非常に多い。


これは、とてもおかしな話で、【How to】はあくまで手段でしかない。


確かに、【How to】は分かりやすい。
分かりやすいけど、そもそもどこへ行きたいということすら
決まっていないのに、【How to】ばかり追っている人がとても多い。


今、あなたが東京にいるとして、【How to】ばかり追うというのは、
どこにいくかも決まらないのに、


・飛行機にしようか?
・船にしようか?
・自転車にしようか?
・徒歩にしようか?

 

ばかり考えているような状態。


おかしいでしょ?

 


でも、日々、色々な方からご相談を頂く中で、そーゆー人がとても多い。


僕はその本人が「どうありたいか?」を聞くことからはじめる。
現状、どんな状態にあろうとも、「どうありたいか?」からはじめる。


【How to】の優先順位はとても、低い。

 

それが本当に実現したいことであれば、勝手に体は動くはず。
体が動かなかったり、できない言い訳をするのは、結局、
本当に実現したいことではないだけ。

これは、精神論とかではなく、あなたの過去を振り返ってもらっても、
同じだだと思う。


子どもに、「勉強しなさい!」といったところで、嫌々やるのと、
楽しいゲームであれば、喜んでやるようなこととも似ている。

 


で、「どうありたいかい?」が自分の腹に落ちたら、それを実現させるための
【How to】を考える。


【How to】を考えるときのポイント。


自分で、できなくても、全く問題ないということ。

 

 

「どうありたいか?」の実現をするために、自分ができなくても、
出来る人にお願いしたり、出来る人と一緒にやれば良いだけ。


・自分には能力がない
・自分には経験がない


こんな言い訳すら、無意味なこと分かりますよね?

 

自分でできることは自分でやる。
できないことは、人にお願いする。


全部、自分でやらなくても、全く問題ない。

 

だって、さっきの例でいうと、東京から例えば、パリに行きたいとする。


全部自分でやろうとする人であれば、飛行機の操縦を自分でやるようなものですよ?
そんなことしませんよね?

東京からパリへ行きたいと思ったら、飛行機の予約をして、パイロットに操縦を
お願いしているわけですよね?


もちろん、直接、パイロットへお願いしているわけではないけど、
自分でできないことは、人にお願いする。

 

これって、すっごく当たり前のことで、東京からパリへ行くことはできたとしても、
いざ「自分はこうありたい」そのためには・・・

を考えた時は、なぜ自分で全てやろうとするのか?


自分で全てやろうとするから、


・自分にはやっぱり能力がない
・自分はヘタレ
・自分はドン臭い


こんなことを考える。


でも、これってすっごいおかしな話で、

「自分は、飛行機の操縦などできないから、パリへは行けない・・・」


といっているようなもの。
こんな人、いませんよね?

 

 


まとめると、

 

自分が「どうありたいか?」を決める
【How to】を考え、自分でやること、他人にお願いすることを切り分ける


これだけ。