読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

自分の内側に眠る、力強さの源泉とは?


コアとは、「芯」「核」という意味。

普段は表立つことはないけど、自分の奥底に必ず誰しもあるモノだ。


表立っていない理由は、いくつかある。
それは家庭環境だったり、世間という目であったり。
ある意味、とらわれ。


鬱などが多いのは、様々な要因で、「自分のコア」を

抑圧する力が強すぎるからではないか。

 


また、外部からの情報が大量に押し寄せてくるような世の中で、
「自分のコア」について考える余裕すらない時代。


だからこそ、「自分のコア」について考えて、

その「自分のコア」を元に自分は何ができるのか?

ということは、とても大事だ。

 

 

kaigaiinkyo.hatenablog.com

 

 

「自分のコア」といっても、「自分探し」みたいなこととは全く違う。


「自分探し」というと、何かフラッと旅にでも出て、

新しい価値観に触れて、本当の自分に出会う・・・

 

本当の自分などは探して見つかるものではないと思う。
そうではなく、既に「そこ」にあるものなので、「発見」「発掘」に近い。


「発見」「発掘」しづらいのは、先に挙げたような

【とらわれ】が原因であることが多い。

 

 

また、自分のコアに気づくと、力強さが生まれる。

情報が多すぎて、頭でっかちになって、結局、

自分は何からしたら良いか分からないこんな話をよく聞く。

 

 

これは僕自身も、一時期、そのような状況に陥ってしまっていたから、

良く分かる。

 

さらに、いわゆる無気力な人間であったからなおさらだ。

でも、「自分のコア」に気づくことで、そんな無気力であった原因も
今では自分の中できちんと、昇華できるようになった。

 

つまり、何かうまく行動に移せなかったりする原因もはっきりし、
何であれば行動に移せるのかも、はっきりする。

 

結果的に、やるべきことに集中し、自分がやらなくても良いことに関しては、
他人がなんと言おうとも、やらなくて良いと、自分の腹の底から理解ができる
ようにもなる。

 

では、具体的に「自分のコア」はどのように発見・発掘するのか?

あれこれ思考する癖がある人にとっては、自分ひとりでやっていると
どうしても堂々巡りがはじまってしまう。

 

だかこそ、自分だけで発見・発掘しようとせず、

相手がいると取り組みやすい。

 

相手といっても、普段、気心が知れた人だと、

自分をさらけ出すことはちょっと難しいいかもしれない。

 

 

であれば、顔も知らない人と取り組むことをオススメする。



自分の内側に眠る、力強さの源泉を見つけるには?

⇒ http://eepurl.com/b1bsfj

 

■質問、感想など

こちら


■LINE

こちら