読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

売れるかどうかは相手が決めること

○○を売ろうと考えているのですが


と聞かれることがありけど、売れるかどうかを僕に聞かれても分からない。
最終的な判断は、想定しているターゲットが決めることだからだ。


僕と想定しているターゲットが一致していれば良いけど
そうでない場合は、想定しているターゲットから
直接、聞くしか方法はない。

 

直接、聞くしか方法はないのだけど、売り方としては、自分が売りたいものを
先に売ろうとすると売れない。


どういうことかというと、売りたいものというのはあなた自身が売りたいものであって、
相手はそもそも欲しくないからだ。


欲しくないものを、人は買いたがらない。


では、どうしたらよいか?

売りたいものを売るのではなく、相手にメリットがあるようなものを売るということだ。

具体的に言うと、

・抱えている問題を解決すること
・理想のライフスタイルを実現させるものであること


大きく分けてこの2つ。


この2つを実現できるものであれば、売れる。


あなたがやるべきことは、この2つのどちらかを相手から引き出す。
引き出すというよりも、あなた自身の情報発信をそのどちらかに
興味がありそうな人に刺さるような内容にする。


そして、コンタクトがあった相手からヒアリングをしながら、
実現するためにあなたが提供できることを提示する。


そうすることで、売り込むことなく売れていく
という流れができる。